俺は幸せ者だなあ!\(^o^)/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めちゃ遅れちゃったけど 翠星石とみどりの日にお茶会した!\(^o^)/

5月4日みどりの日の日記。
翠星石「ヤスヒロ!今日はみどりの日ですよ!」
俺「分かってるって。みどりと言えば緑溢れる場所へだよね。昨日何をするかずっと考えてたんだから。
  ちゃんとレジャーシート用意してあるし煎餅買うお金も持ったし。いざ!奈」
翠星石「あの鹿とか言うモンスターがいる場所へは行かないですよ!?」
俺「え…行かないの?」
翠星石「行かないですよ!あいつら翠星石を脅せば餌くれると思って襲いかかってくるですよ…。あんな獰猛な生き物知らないです…」
俺「そう?じゃあどうしよ…。困ったぞ、う~~~ん…」
翠星石「何するかずっと考えてて、浮かんだ案が1コだったですか…?」
俺「あー…えっと…そうだ!
  じゃあ原点に戻って、本来のみどりの日という記念日に沿った事をやろう。
  みどりの日は確か…みどりを眺めて愛でたりするんだったかなあ。となるとやはり緑豊かな奈…」
翠星石「だから行かねーですよ!そういうみどりならお庭で翠星石と蒼星石が育てたみどりを眺めながらお茶なんてどうです?
     お庭ももう随分賑やかになってるですよ!」
俺「割と普段通りだけど…そうしよっか」
翠星石「じゃあさっき翠星石が焼いたお菓子があるですからね!それ持ってくです」
俺「じゃあ俺はお茶の用意を」

でお庭で
翠星石「いや~…良いもんですねみどりの日。癒されるですぅ」
俺「5日連続でお庭でお茶会やってるけど、それはやっぱりそうだね。美味しいお茶とお菓子と綺麗なみどりと…」
翠星石「癒し要素はそれだけじゃないですからね。みどりと言えば癒し系の翠星石のイメージカラーですからね。ヤスヒロの周り癒し要素だらけですよ」
俺「そうだね。…そうかな?」
翠星石「そうですよ。ここに居ると癒されまくるじゃないですかぁ。みどりの日で特別ですし、あと6時間くらいはこうしていられるですよねぇ」
俺「え!?(6時間…この5日間で40時間くらいお庭でお茶会してさすがに飽きてきたぞ…。口ぶりからして俺がそれに付き合うのが当然みたいな感じだし…)
  あの~、お庭眺めるのも良いけどさ、何か他にもみどりの日っぽい事しない?」
翠星石「他にも…ってなんですか?そもそもそれが浮かばなかったからお庭でお茶会してるんじゃないですか。それが正解だったですけどね~」
俺「う、うん、そうだったね。(な、何か新鮮味がないと残り5時間58分耐えられない…)
翠星石「あ、そこのお花ですけどね、あれはですね」
俺「(あ、この説明聞くの22回目だ。あぁ…なんだか昨日鹿と戯れるのが楽しみでよく眠れなかったのとここ最近の長すぎるループで頭がクラクラしてきた…。
   何か他にみどりの日っぽいことをして気を紛らわせないと…。みどりミドリ緑翠見取り…みどりの日はみどりを愛でる日…)」クラァ… クラァ…
翠星石「な、なに頭フラフラさせてるですか。ヤスヒロちゃんと翠星石のお話聞いてるです?」
俺「え?わ、可愛いなぁ」
翠星石「へ?…え?ひっ!な、なんです!?」ビクッ! ナデナデナデナデ
翠星石「……??? な、何をしとるですか?ヤスヒロ…」ナデナデ
俺「いやぁ、可愛いなあ。みどりの日にこんな…いやぁ可愛いなあ」
翠星石「な、な、なんです突然ー!?は、春の陽気に当てられちまったですかー!?」
俺「小さくて本当に可愛いなあ。そして俺の好きな色みどりだし。みどりすぎて可愛いー!」ナデナデ
翠星石「え…ええ?そ、そうですかぁ?な、なんだか言ってることは全くわからんですけど嬉しいような…。ハッ!い、いや駄目です!
     こ、これじゃ客観的に見ると金糸雀とそのマスターみたいな、ああはなりたくないないという感じになっちまうです!
     ア、アレと同じにはなりたくないですし!ヤ、ヤスヒロ落ち着くですよ!ちょっと変ですよー!?」ナデナデナデ
俺「本当にみどりで可愛いなあ。こっちへ来てもっとナデナデさせておくれ。あと5時間54分、ずっと君をナデナデして愛でていたいよ」ナデナデ
翠星石「なハァッ!?こ、心が折れ…。ヤ、ヤスヒロー!そっち行くですから、もっと褒めてナデナデしてくださいですー!」
俺「おいで!可愛いなあ。凄く可愛いよ」ナデナデナデ
翠星石「そ、そ、そ、そうですかぁ…?えへへへへへへへへ…」ナデナデナデ
俺「うん、うん。お利口さんだなあ。ご褒美によーしよしよしよし!煎餅食う?」
翠星石「ってお前それ動物のかわいがり方じゃあないですかあー!!」ゲシッ!
俺「ごふっ!う…あ、あれ…。庭にみどりの可愛い子鹿が迷い込んできたと思ってたら翠星石…?うぅ~ん…何か半分寝て意識が飛んでた気がするぞ…」
翠星石「半分どころか全部飛んでたですよ…。翠星石もちょっとつられちゃってたですけど…」
俺「う、うん。何してたか思い出してきたけど思い出したくない気分が凄くする…」
翠星石「翠星石もそんな感じなのでもうお茶会の気分じゃないです…」
俺「あ、そう!?奇遇だね俺も!」
翠星石「なんで嬉しそうですかお前」
俺「あ、いやちょっとハイになってたのが残ってたみたいハハ。えーとそれじゃあ…どうする?この後」
翠星石「あぁ…うぅ~~…。せっかくみどりの日ですけど…後はお家で普通に過ごすですか」
俺「うん!そうだね、それが良いよね。普通が一番!」
翠星石「それじゃあ今日はもうお終いで…。お茶会の続きはまた明日やるです」
俺「オゥゥ……」(クラァ…)

だって。
なんだか微妙な感じのみどりの日だったよ…。
俺がいきなりナデナデしたときの翠星石はこんな感じだったなあ。



庭に迷い込んできた可愛い子鹿かと思わずナデナデしちゃったけど、本気で引いた表情してたよ。
そりゃ引くよね…。その俺に翠星石がつられるって、どんだけ変なオーラ的なもの出てたんだろう。
子鹿じゃなく翠星石だと分かっていたら…と思ったけど6時間耐久の時間つぶしにほっぺたもちもちしたり頭ナデナデして引かれてた気がしないでもないよ。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:ヤスヒロ(仮)
俺(すごくかっこいい)
の日記帳\(^o^)/
ブログ形式初めてなので、途中で色々仕様変わるかもしれません。

2chスレとか絵とか日記とか
翠星石にチョコレート貰った\(^o^)/ 第41ドール
■過去絵日記
■絵とAA (12/25)
■過去ログ (01/01)
■その他の絵とか (04/17)
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。