俺は幸せ者だなあ!\(^o^)/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翠星石と一緒にハイキング行った!\(^o^)/

お昼頃。
翠星石「ヤスヒロ~、ハイキング行かないですか?良い景色見れるところがあるらしいのですよ」
俺「ハイキング?んーそうだな、暖かくなってきたし良いかもね。行こうか」
翠星石「じゃこれ持ってくです」
俺「でっかいリュック。何か持ってくのあるの?」
翠星石「翠星石が入るですから。ナビしてやるです。あんまり揺らしちゃ駄目ですよ」
俺「……」

俺「ぜーはー…。次は道どっち?」
翠星石「えーと、右ですね。もうちょいで目的地ですから踏ん張るですよ」
俺「翠星石が地面踏ん張って歩いててくれればもっと楽なんだけど」
翠星石「あ、見えたですよ。あれ渡るですよヤスヒロ」
俺「え?何あの高くて年季入った吊り橋…」
翠星石「あそこを渡った先がもう絶景なのです」
俺「あれ渡るの?ちょっと遠回りになりそうだけどあっちから行けそうだしあっちからで良いんじゃない?」
翠星石「あの吊り橋を渡るのが良いのですよ!良い景色を見るのに吊り橋が効果あるのです。もしかしてビビっちゃってるです?」
俺「いやビビっちゃいないけどね。渡っても良いけど翠星石が怖がっちゃうんじゃないかとね…」
翠星石「翠星石はよく鞄で飛んでるので高いとこへっちゃらですよ。さーさー行くですヤスヒロ!」
俺「はい…」

俺「ま、まだちょっとしか渡ってないけど…ま、まあまあスリルあるかな」
翠星石「ドキドキしてきたですか?遠慮せずもっとドキドキすれば良いですよ、翠星石がいるですから」
俺「ちょっとドキドキはしてるけど、なんだかんだもう真ん中まで来ちゃったし。結構大丈夫だな」
翠星石「な、なんですか結構順調に来ちまったですね。とう!」 しゅば
俺「え!?ち、ちょっともっとゆっくり降りてよ!揺れるからさあ!」
翠星石「ヤスヒロさっきから全然下見てないんじゃないですか?足下も絶景ですよ」
俺「なんでわざわざ下見なきゃ行けないんだよ…。俺さっさと渡り切っちゃうからね」
翠星石「ヤスヒロ見るです!下の川にお魚いるですよ!」
俺「お魚くらいいるでしょうよ」
翠星石「あ!あ、あれは…!ちょ…ヤ、ヤスヒロ凄いです!河童いるですよ河童!それも二匹!」
俺「いくらこの辺に河童伝説があると言ってもね、そんなの…。って、翠星石それ知ってるわけ無いし…」
翠星石「え?ぐうぜ…あ、いやいや!その伝説は本当だったのですよ!
     今ちょうどヤスヒロの真下にいるです!
     ちょっと疲れたからお弁当のきゅうり食べようとか言ってるみたいです。
     あれ…なんだか雰囲気悪いです…。喧嘩しだしたですよ!きゅうりでど突きあいおっ始めやがったです!」
俺「え?ちょっと気になる…」
翠星石「ありゃきっとカップルですね!ディップの味噌を忘れたの怒ってるです!
     どっちもおっかねえですぅー!お前ちょっと仲裁してきた方が良いですよ!」
俺「わ、わかったよ。チラッとだけ見よう…。ど、どこ?」
翠星石「そこから下のぞき込めば分かるです!」
俺「こ、怖いけど…。んりゃっ!…誰もいないぞ」
翠星石「あれ?さっきまで確かにいたのですけどね…。
     痴話喧嘩を見られてるのに気付いて、恥ずかしくなってどっか行ったんじゃないですか。というか見間違いだった気がするです」
俺「ずいぶん妙な見間違いしたんだな…。下見て無駄に恐怖感増しただけだぜ…」
翠星石「さっきよりもっとドキドキしてきたですか?」
俺「ドックンドックン言ってるよ」
翠星石「そうですかでも心配すんなです!翠星石が付いてるですからね!
     翠星石だけ見て渡ればあっという間ですよ!」
俺「そ、そう?じゃあそうしてみようかな…」
翠星石「その意気です!ドキドキしたまま着いてくるですよ!」

でなんとか渡りきって
俺「あー…なんだか凄く疲れた…。帰りは別の道を歩こう…」
翠星石「よく頑張ったですねヤスヒロ。ところで翠星石のこと見るです」
俺「なに?はぅ…!」
翠星石「ど、どうしたです!?」
俺「翠星石見てたらなんだかドキドキしてきたような…」
翠星石「そ、そ、そーですか!!眉唾だったですけど効果あるもんですねー!」
俺「ああ。翠星石を見ていたらあの吊り橋の恐怖が甦ってきて…」
翠星石「え?」
俺「悪いけど、しばらく翠星石の顔は見たくない…」
翠星石「なはぁーーー!!?」

だって。
吊り橋怖かったよ。俺はすごく長身だから余計に高さがプラスされて…。
翠星石も吊り橋強がって渡ってたのか、渡り終わってからは何かブルーな表情になってたよ。
けど吊り橋渡った先はほんとに絶景だったよ!それ見たらさっきまでの恐怖も忘れて、翠星石の顔見ても別に平気になったよ!
そしたら翠星石もすがすがしい顔してて、なんだかんだ行って良かったよ!


吊り橋渡ってる途中で、ちょっとだけビビった俺を翠星石が引っ張ってくれたときはこんな感じだったなあ。


もう怖くてドキドキしっぱなしだったよ!

Trackback

Trackback URL
http://yasuhirokakkokari.blog90.fc2.com/tb.php/24-d41713b6

Comment

| URL | 2011.04.19 22:12
元気そうでなにより
| URL | 2011.04.24 19:58
久々に
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
Comment Form
公開設定

プロフィール

ヤスヒロ(仮)

Author:ヤスヒロ(仮)
俺(すごくかっこいい)
の日記帳\(^o^)/
ブログ形式初めてなので、途中で色々仕様変わるかもしれません。

2chスレとか絵とか日記とか
翠星石にチョコレート貰った\(^o^)/ 第41ドール
■過去絵日記
■絵とAA (12/25)
■過去ログ (01/01)
■その他の絵とか (04/17)
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。