俺は幸せ者だなあ!\(^o^)/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕の日に翠星石と一緒に七夕を楽しんだ!\(^o^)/

7月7日の暗くなり始めた頃。
俺「お待たせ~。おっ」
翠星石「お、ヤスヒロもちゃんと浴衣ですね」
俺「うん、翠星石は浴衣着ると思ったから、それに合わせてね。
  それにしても…翠星石織姫みたいだね。なんとなくイメージだけど。一瞬驚いたよ」
翠星石「あ、分かっちゃうですかぁ?そうです!ちょっとそれっぽくしてもらったですよ。
     翠星石が織姫なら、そしたら隣歩くヤスヒロは彦星に見えるんじゃないですか~?」
俺「いや俺は別に普通の浴衣だしなあ…」
翠星石「まあ普通の浴衣にしても七夕の日に浴衣でお出かけ!良いですよねぇ」
俺「翠星石七夕はいつもウキウキだな。今日もあんまり天気良くないのに。願い事する日だから?何か欲しいものとかあるの?」
翠星石「はぁー!?ロマンのないやつですねー!
     七夕は織姫と彦星が1年に1度出会えるロマンチックな日なのですよ!良いじゃないですか、素敵じゃないですか~」
俺「へぇー。そういうの好きだね翠星石は。
  そりゃまあ天の上ではロマンチックだろうけど、地上にいる人が七夕にやることは短冊吊して願い事だしなあ。
  彦星と織姫がメインのはずなのに、なんかメインな感じがしないというか」
翠星石「ロマンの欠片もないやつですねお前は」
俺「そう言う翠星石も、これまで短冊吊してお願い事結構熱心にやってなかった?今年はお願いないの?」
翠星石「あるに決まってるです!お願い事してこそ七夕です!翠星石にはお願いする事もロマンなのですよ」
俺「よく分からん…。そんじゃまあ竹林までぶらぶら短冊吊るしに行こうか」
翠星石「はいです。しっかりエスコートするですよ。川辺、今年はまだ蛍いるですかね~」
俺「どうかなあ。いると良いよねぇ」

ちょっと遠いけど、お話ししながらてくてく歩きながら
翠星石「出るときは夕方でしたけど、もうすっかり暗くなったですね。雲間からちょっとお星も見えてきたです」
俺「そだね。でも夜でも暑いなあ。今日は涼しいと思ったんだけどやっぱり歩くと…。飲み物でも持ってくりゃ良かったかな」
翠星石「今頃織姫と彦星も1年ぶりに出会って、抱き合って喜んでたりするんですかね~」
俺「くっつくと暑苦しいだろうけどなあ…。彦星とか天の川渡るのに舟漕いで汗だくだよきっと」
翠星石「いちいちうっさいやつですねー!その口閉じてろですお前はー!
     せっかく七夕なのですから、もーちょっと良いふんい…きゃ…!ぎゃぶーっ!」ずてーっ
俺「わ!何もないところで転んでるし。地面濡れてて足滑った?あまり濡れてないようで良かったけど…ほら手貸して」
翠星石「あいたた…おっかしーですねぇ…。あー!下駄の鼻緒が切れてやがるですー!」
俺「あ、ほんとだ」
翠星石「な、なんか縁起悪いですよー!良くないことが起こる前触れじゃないですかー!?」
俺「えー?考えすぎでしょ。ここまで来たら竹林まであと少しだし…行っちゃうか。おんぶで良い?」
翠星石「お、おんぶですか?」
俺「履き物が駄目になったときはおんぶってイメージがあるんだけど。抱っこのが良いかな」
翠星石「い、いえおんぶで!おんぶが良いです!」
俺「じゃおんぶで。はいどうぞ」
翠星石「はいです。お、おんぶは久々な気がするですね。
     あんま急がないで良いですからね、ゆっくり行くですよ。ヤスヒロおドジですからね、何もないとこでも転ぶかもしれないですし」
俺「俺はそんなのならないけど、一応安全運転ね」
翠星石「…でもヤスヒロさっき、くっつくのは暑苦しそうだとか言ってなかったですか?」
俺「翠星石は別に暑苦しくないしねぇ」
翠星石「そ、そうですか。…むふふ。お願い事、もう半分くらい叶ってる気がするです。良い七夕ですねぇ」
俺「ふーん…。願い事は人に言うと叶わないと言うから聞かないけど。あ、俺の願い事も秘密ね」
翠星石「どーせ今年も現状維持とかしょうもないのに決まってるからわざわざ聞かんです」
俺「え、そ、そう。まあ大体合ってるけどさ…。おっ」
翠星石「あ、蛍ですね!今年も居たですねー!」
俺「うん、来た甲斐あったね。綺麗だよねぇ。良かった」
翠星石「七夕に浴衣でおんぶしてもらって、蛍まで見れて…。最高にロマンチックですねぇ…。
     すぐ近くでも光って幻想的で…って顔に止まるのはナシですー!!きゃーーー!!」ぶんぶん
俺「あ、暴れるなよ!川辺で足下悪いんだから…!ぅわっと!」ばしゃーん
俺「あ、危うく転ぶとこだった…。俺の天才的な反射神経でなんとか転ばずに済んだけど、さすがに背中で暴れると危な…。
  って妙に背中が軽いな。しかもさっき『ばしゃーん』って…」
翠星石「ヤスヒロ…」
俺「す、翠星石…。あ、暑くなって水浴び?」
翠星石「何アホ言ってんですかー!お前我が身かわいさに翠星石放り投げやがったですねー!」
俺「そ、そんなのするわけないだろ!翠星石が暴れて落ちたんだろー!」
翠星石「全身びっちゃびちゃですよ!!鼻緒が切れてやっぱり良くないことが起こったです!
     良い気分でしたのに、もぅーーー!!織姫と彦星みたく正に水差された気分ですー!」
俺「う、うまい!」
翠星石「茶々入れてんじゃねーですうううう!!!」ばっしゃんばっしゃん

だって。
天の上と比べて、こっちは天の川じゃなく山の川でびっちゃびちゃだったよ。
七夕は翠星石のお気に入りのイベントの一つだけど、今年も楽しんでくれた…かな?
一緒に短冊吊して家に帰った頃にはそんな不機嫌じゃなくなってたし。
帰りもおんぶで、濡れた分ちょっと重くて参ったけど、こんな七夕も良い思い出にきっとなるよね。
今年も翠星石と思い出作れて俺は幸せ者だなあ!ハッピー七夕!\(^o^)/

表で待っててくれた翠星石が一瞬織姫に見えたときはこんな感じだったなあ。


七夕の意識があるから、ふとこんな感じに見えたのかな。実際にはひらひらしたのは身に付けてなかったよ。
翠星石が織姫かぁ…。

Trackback

Trackback URL
http://yasuhirokakkokari.blog90.fc2.com/tb.php/31-6d4f418e

Comment

| URL | 2011.07.13 00:36
Japan has started... :D
Comment Form
公開設定

プロフィール

ヤスヒロ(仮)

Author:ヤスヒロ(仮)
俺(すごくかっこいい)
の日記帳\(^o^)/
ブログ形式初めてなので、途中で色々仕様変わるかもしれません。

2chスレとか絵とか日記とか
翠星石にチョコレート貰った\(^o^)/ 第41ドール
■過去絵日記
■絵とAA (12/25)
■過去ログ (01/01)
■その他の絵とか (04/17)
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。